栄養療法の実践~朝食~

私が毎日実践している栄養療法。
その食事をご紹介です!

疲れやすい方、心の不調がある方
内側から美しくなり方など。
皆様の参考になれば嬉しいです。

・白湯
・オートミール
水で煮てラカントで甘味を付ける。ブルーベリーとシナモンをトッピング。

・アボカド+アマニ油
塩少々とアマニ油大さじ1。
アマニ油は毎日摂りたい良質な油です♪

オメガ3系脂肪酸は、血管をやわらかく保ち、脳の働きをサポートしてくれます。

こんな日もあります。

・ベーコンときのこの塩麹スープ
腸のために塩麹などの発酵食品を摂りましょう。

・オムレツ
卵はプロテインスコアが100
優秀たんぱく源です。

・アボカド
ビタミンEが豊富なので抗酸化力に優れています。
活性酸素による細胞の老化を防いで
いつまでも若々しく♪

食事のPDCA

食事療法を習慣化させるために
PDCAサイクルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビジネスシーンで取り入れられる手法ですね。

Plan
・自分が取り組める計画を立てる。

(例)夜だけ炭水化物を抜く。

Do
・計画通り実行する
(例)
朝:サラダ、ゆで卵、ベーコン

昼:定食セット(ご飯多め)

夜:焼き魚、冷や奴、サラダ、おみそ汁

Check
・自分の食後の状態を知る、記録する
何を
どのくらい食べて
どうなったか

(例)昼食に定食セットを完食した。
食後は眠気があり、コーヒーを飲みやり過ごした。
(食後の低血糖状態)

・改善プランを立てる
(例)昼食のご飯を半量にして、ナッツを足してみる。

Action
・改善プランを実行する
・良好であれば、継続する
(例)眠気がなくなり、集中力がUP!

体感したことを記録したり、
パートナーと分かち合っても良いですね
ぜひブログにも書いて下さい

人間の行動原理には、
「快楽を求める」が基本にあります。

楽しいこと、気分が良くなること♪
はどんどん続けていきたいですよね。

小麦グルテンには脳に対して麻薬作用があるのでパンやラーメンが簡単にやめられません。
中毒性があるのです。

そのような「快楽」ではなく、
体が内側から喜ぶ食習慣の快楽
を見つけたいですね。

「0・100思考」で取り組まずに、
「自分に合う食事」を実践していきましょう。

食事スタイルへの考え

体質的にお肉が合わない方もいらっしゃいます。
私は牛肉を食べません。
野菜中心の方が調子が良い場合もあります。

一人一人持っている体質がありますから
「これが大正解!」というものはないのかなと思っています。

体質や食の好みも、食事内容を決める上での大切な要素です。

分子整合栄養医学では、まず腸内環境。
それから、
その人に不足している栄養素を食事・サプリメントで補う
というものです。
(食事で補給できれば一番良いが、足りていないから体調不良になる。)

「バランスよく食べる」の中身を
ご自身の体調に合わせてオーダーメイドで選択していきます。

遅発性アレルギーという食物アレルギーも考慮して行います。
その食品を食べ続けることでアレルギーを引き起こす可能性を検査します。
糖質制限食は、それが抜けて広まってしまいました。

基本的に現代の食事は
「糖質過多」ですから、まずそれを減らす

糖質制限(高たんぱく・低糖質)
ここまでは良いのですが、肝心なのはその先。

卵やナッツはアレルギー源になりやすい。
これらをやたら食べていませんか?
そもそも腸内環境は整っていますか?

菜食主義の方は、たんぱく質を大豆食品から摂取することになりますが、
極端思考に陥らないでほしいのです。

ご自分の体質をきちんと検査した上で、食べ物を選択して頂きたいです。

思想ではなく生化学です。
生体内の営みはどこまでも生化学です。

「自然に近い環境で育ったお肉を選ぶ」

これが動物たちを守る、私たちが取れる賢明な手段だと考えます。

オーガニックのお肉は数百円高いけれど
その数百円の積み重ねで、動物たちにとっての良い環境が保たれます。

そこで育ったいのちを頂いて、私たちは健全な肉体で活動が続けられます。
動物たちにとって良い環境は、私たちにとっても良い環境です。

頂いたいのちを、この地球をより良く保っていく活動源にしていく。

この善循環を作っていきたいですね。